プロフィール

らぷたろ

Author:らぷたろ
主にプラモ製作を中心に更新していきます

時々ゲームや日常の記事を書いたりします

twitter:@raptor0761
フォローしてくれたらフォローしちゃいます

カテゴリ

G&G SIG SG550をレビュー

プラモの塗装乾燥中暇だったので電動ガンの分解を行いました

なので、今日は電動ガンとプラモの2本更新したいと思います。カテゴリー分けたいので




先週の日曜にチラッとサバゲの話題に触れたら異様に電動ガンを弄りたくなったので、オーバーホールがてらにレビューしようかと思います



SIG SG550はスイス軍の正式採用ライフルです
「うぽって」という作品の方でも登場しますので、興味ある方はぜひご覧ください
東京マルイが1995年だったかに電動ガンとして発売しました
このSIGには電子式の可変バースト機構がついており単射・連射の他3点バーストでも撃つことができました

その後G&GからSIG SG550が発売されました
こちらはバースト機構がオミットされていますがフルメタルということもあり、とても満足できるつくりとなっております

今回はマルイの550と比較しつつG&GのSG550をレビューしていきたいと思います


IMG_2056.jpg
まずは全体像
ストックは折りたたみ可能で伸ばした状態だと全長100cmと結構長いです
あと見てもらうと分かるとおりプラスチック(マルイ)とフルメタル(G&G)の質感の違いが歴然です
ちなみにマウントベースはマルイ製、マウントリング・スコープは海外製です

マルイのSIG用のマウントベースはナットを外すことによって装着可能になります


IMG_2059.jpg
ストック部です
こちらはG&Gの方もメタルではないですがマルイと比べるとさわり心地等も良!
ストック基部に関しては、マルイの場合昔の製品ということもありグラつきが気になります。対処法としては「気にしない」かマルイのSIGSG552のストックに交換すると良いでしょう

一方G&Gの方はマルイと比べると気になりません
いや、厳密に言うとわずかにグラつきますが支障はないレベルだと思います


IMG_2058-a.jpg
レシーバー部です
すいませんG&Gの方若干ボヤけてますね
プラスチック特有のテカりがマルイにはありますが、G&Gの方は全くありません
しかもフルメタルということもあり触るとヒンヤリして気持ち良いです


IMG_2062.jpg
ハンドガード部です
こちらも同じく質感が違います
バイポッドももちろん使用可能です
マルイ製は握りこむとギシギシ軋む感じがありますが、G&G製は軋みませんこれもGOOD!


IMG_2064a.jpg
エジェクショポート部です
材質に次いでこちらもマルイとG&Gで全く異なる部分です
画像を見てもらえば分かるようにマルイは途中までしか開くことができません
一方G&Gはフルストロークで開くことができます!

もうこのギミックはすばらしいです!
マルイさんも見習ってほしいです

HOP調整はどちらもここを開けて調整します


IMG_2072.jpg
ちなみにG&G製は画像の矢印部分を下へ引き下げると・・・

IMG_2074.jpg
このようにエジェクションポートを開いた上状態でキープすることができます
マルイ製では不可能なギミックです

IMG_2068.jpg
グリップです
こちらはG&Gの方がマルイに比べて若干細くなっています
マルイは実銃から見ても太いらしいのでこのあたりもGOOD


IMG_2108.jpg
マガジンです
左がG&G製のマガジン
中がマルイ製の旧SIG用マガジン
右がマルイ製の新SIG用マガジンです

旧マガジンは装填数が約60発だったかな
G&Gと新マガジンは約40発です
互換性あり

マルイのマガジンは撃ち切った後マグを外すと2,3発ポロリと落ちてきます。これはG&Gのマグに見られる上に飛び出てる棒状のものがついていないからです(名前忘れた)
G&Gのマグは最後まで撃ち切れるので弾が落ちてくることはありません

ただし!
個体差なのかもしれませんが、私のG&Gのマグは給弾したあとBBローダーを外すと暴発してほとんど飛び出てしまいます
なのでマグに関してはマルイのほうを使用しています


IMG_2076.jpg
G&Gのバッテリー交換はハンドガード上部を前に押し込み上へずらします

IMG_2078.jpg
その後ガスレギュレーターを回すとガスチューブを取り外すことができます
そこにバッテリーを収納します
注意しなければならない点は
・AKバッテリー
・7セル
・コードの短いもの
この3つの条件をクリアしていないと収納することはできないので注意してください


IMG_2083.jpg
内部はマルイ製だとバッテリーからスイッチまでの配線が見えてしまいます

G&Gの場合見えている配線がモーターからスイッチの部分しかありません
バッテリーからスイッチまでは画像の金属部分が見えているだけです



総評としては
・フルメタルなのですばらしい剛性
・エジェクションポートがフルストロークでオープン
・マガジンに関してはマルイ製を使うのが良

重さはマルイ製が3キロ強でG&G製が4キロ近いです
実銃の重さは4.1kgらしいのである意味いいのかも
ただサバゲで使うには重いです
そこにスコープつけて運用してるからさらに重くなるという・・・w


初速などに関しては海外から届いたときに添付してあった測定表だと78m前後でした。これはデチューンされたノーマル状態と考えます
私は届いてすぐにパーツ交換を行いました

交換した箇所は
・バレル   EGバレルSIG550用へ交換
・チャンバーパッキン   マルイ純正へ交換(した気がします。ちょっとこれに関しては交換したかどうか曖昧)
・シリンダー    ライラクス製へ交換
・ピストン    マルイ製ピストンセットに交換
これくらいですかね

これで78m/sだったのが90m/sにアップしました
気になる弾道ですが、こちらもマルイ製に劣らず比較的まっすぐ飛んでいきました
たまにフライヤー気味な弾もでることがありますけどね

最後に
マルイ製のSIGをもっている方なら違いをすぐに体感できると思います
またSIG好きなら買っておいて損はありません。絶対に
中華製の製品だと個体差で不良品等もあるそうですが、このSIGは台湾製なので国内製には劣るかもしれませんが分解が可能な方ならそれと同等かそれ以上に性能をアップできると思います
価格が少し高めですが余裕がある方は購入してみるといいです



以上でレビューを終わります




レビュー書いてるときに犬が吠えてうるさかったんで叱りにいったら足噛まれましたorz
相当気が立っていたようで
一応薬塗って絆創膏貼ったんえ大丈夫とはおもいます


今日はあとでまたプラモの記事をアップする予定なのでそちらを待っている方はもうしばらくお待ちください!
じゃあバイバイ!
スポンサーサイト

COMMENT

エアガン初心者(所持数:0)の@iRailgunといいます。
チューニングを通販サイトフォートレスのオプションでやってもらおうか、サバゲー好きな友人に頼もうか悩んでいます。


フォートレスというお店のチューニングについて知りませんか?
http://www.fortress-web.com/SHOP/2000000032320.html#qo

自分で分解してチューニングするのも格好良いとは思うのですが、知識サッパリなので困ってます。友人にサバゲー好きな者がいるのですが、いい感じにチューニングしてもらえるか不安です。

購入はこの記事を参考にしてG&Gにしようかと思っています。(値段とデザインでJG製と東京マルイ製で悩みましたが)

使用用途は、今のところ座敷シューターとして遊んでいくつもりですが、サバゲーにも興味があります。

よろしければ教えていただけると助かります。

EDIT COMMENT

非公開コメント